ダンスアーティストの移住定住百科(鹿児島伊佐)

ダンスアーティストの移住定住百科(鹿児島伊佐)

2011年の東日本大震災の時、本当に田舎に引っ越さねば!と思い立ち、たまたま知り合いから紹介された南国鹿児島の伊佐市という初めて聞く地名に、「あったかそう〜」という単純な期待から即断で移住を決定。
その後そこは「鹿児島の北海道」と異名をとることを知り、毎冬、氷点下の古民家で震えながら暮らしています。
気がつけば、一戸建て、畑・山付き、小川と棚田、山の恵みに囲まれ、猫を飼い、半農半ダンス。移住以前の仕事も継続しつつ、手作りの暮らしの知恵を身につける修行中です。
人口2万5千ほどの伊佐市は、これと言って目立った産業も観光地もなく、文化芸術も盛んとは言えない小さな過疎化の進む街ですが、幸い、手付かずの自然や、人と自然がうまく共存する施設、素朴で熱く人懐こい人々、新鮮な農産物、など自慢できるものがあります。私たちは、移住者としての立場から、交流人口を増やす企画(国際コンタクト・インプロビゼーションダンスフェスティバル http://i-dancejapan.net など)を主催し、来る人招く人双方に新しい価値観を紹介し合うような活動をしています。
自宅を改修して交流スペース、アートセンターを作ることが目下の夢。10年後、この街が消滅しないで残っているよう、むしろ人口は増加しアーティストのメッカとなっているよう、希望を持って実現したいと思います。
協力者、募集中!!!!

異文化紹介カテゴリの最新記事