天から見れば

天から見れば

◇ 視聴時間:72時間
… お支払い完了後 72時間以内でしたら、何度でもご視聴いただけます。

●あらすじ

自分を越えること、それは・・・・・・

禍福一如(かふくいちにょ)
絶望の淵にいた少年、ある出会いが運命を変えてゆく
自分らしく生きるとは?幸せとは何か?
観るものの心を揺さぶる感動のドキュメンタリー

———————————

 南正文さんは小学校三年生の春休みに製材業を営む父を手伝っている時、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまいました。十四歳の時、近所の人のすすめもあり、両親と共に京都の大石順教尼を訪ねました。大石順教尼もまた、十七歳の時、養父が一家五人を斬殺するという「堀江六人斬り事件」の巻き添えとなり両腕を失っていました。十九歳の時、カナリヤが雛を育てるのを見て、口に筆をとることを思いつき、以後、独学で書画の勉強に励み、口で筆をとり絵画・書をかいていたのです。

 その順教尼のもとで慈愛に満ちた修業が始まります。南さんは順教尼の生き方に接して人生に開眼、後ろ向きだった心が大きく転換していきました。現在、南さんは画家として活躍、妻や子どもたち、たくさんの友人に囲まれ、楽しく豊かに日々を送っています。「どんなできごとも自分の考え方しだいでよきことになる」という「禍福一如」(かふくいちにょ)の教え。そこを生きる南さんの人生、その奥に流れる力が今、描き出されます。

●出演者 南正文(みなみ まさのり)プロフィール
1951年9月大阪府生まれ。小学校3年生の春休みに製材業を営む父を手伝い、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失った。事故のため2年遅れて、養護学校へ4年生から入学。口、足、肩を使って勉学と生活訓練に励んだ。14歳の時、今は亡き口筆画家大石順教尼に師事、口での描画と生き方の修行を始めた。
師事後1年で口筆画“若武者”が堺市展に初入選。その後も公募展で入選、受賞を繰り返す。
1995年には堺市展の審査員となり、現在は展覧会を離れ個展を中心とした活動をしている。
1996年に堺市身体障害者相談員となる。
1999年には財団法人ソロプチミスト日本財団より社会貢献賞を受賞した。

============================

出演者:南 正文 南 弥生 ほか  
特別出演者 小林 綾子(再現ドラマ出演)

監督・撮影・編集/入江 富美子 
撮影・編集・音声/斉藤 満雄 
演出プロデューサー/榛葉 健 
コーチ・ナレーション/岩崎 靖子 録音・デザイン/小野 敬広
制 作:ひとさじの砂糖ムーブメント   
配 給:株式会社トータルプレイズ(https://iriefumiko.com/movie/)
    NPO法人ハートオブミラクル(https://www.heartofmiracle.com)

============================

▼入江富美子監督作品のオンデマンド配信URLはこちら
—————————————–
1/4の奇跡 〜本当のことだから〜
vimeo.com/ondemand/yonbunnoichi

1/4の奇跡 <英語字幕版>
vimeo.com/ondemand/yonbunnoichien

光彩〜ひかり〜の奇跡
vimeo.com/ondemand/hikarinokiseki

天から見れば
vimeo.com/ondemand/tenkaramireba
—————————————–

◆オンデマンド配信/ご視聴方法についてのお問い合わせ先:
hotmoverstudio@gmail.com まで、お願いいたします。

英語カテゴリの最新記事