菊竹清訓 山陰と建築

菊竹清訓 山陰と建築

菊竹清訓は日本を代表する建築家のひとりで、1960年代に日本の若手建築家のグループの一員として「メタボリズム」を提唱し、数多くの建物を手がけました。本映像は、菊竹設計による島根県立美術館の建築空間と、同館が2021年1月22日から3月22日まで開催している「菊竹清訓 山陰と建築」展の展示解説を中心に、菊竹の実作や、<か・かた・かたち>など菊竹の方法論を紐解く内容となっています。菊竹にとって公の場での最後の映像となった、槇文彦・栄久庵憲司・神谷宏治らメタボリストによるシンポジウムの記録映像(2011年)や、自身の設計である<スカイハウス>(2011年)<島根県立美術館>(2005年)を解説した講演記録なども再録しています。

美容カテゴリの最新記事