SDGsプロジェクト(プラネタリーバウンダリー/地球の限界・ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・カーボンニュートラル・ジャパンSDGsアワード・SDGs実践事例から学ぶ自社への展開方法)

SDGsプロジェクト(プラネタリーバウンダリー/地球の限界・ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・カーボンニュートラル・ジャパンSDGsアワード・SDGs実践事例から学ぶ自社への展開方法)

SDGsプロジェクト(プラネタリーバウンダリー/地球の限界・ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・カーボンニュートラル・ジャパンSDGsアワード・SDGs実践事例から学ぶ自社への展開方法)エコマテリアル研究会SDGsプロジェクトVol3(2021年1月5日)フルバージョン

■エコマテリアル研究会

トップページ

※SDGsとは:持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)からなる『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』(Transforming our world:the 2030 Agenda for Sustainable Development)と題する成果文書で示された2030年に向けた具体的行動指針です。このアジェンダは、人間、地球と繁栄のための行動計画です。また、これは、より多くの自由のために世界の平和を統合することを目指しています。私たちは、極度を含むあらゆる形態の貧困や環境破壊を解消することが地球最大の課題であり、持続的な発展のために不可欠な要件です。「誰一人取り残さない」これは、世界全体で取り組む、人類史上最も差し迫った課題なのです。

■アスク&ファシリテイタ:
★★藤井啓人(ふじいひろと):茨城県東海村出身。高卒後、上京し新聞配達をしながら予備校に通い筑波大学に入学。4年間、体育会硬式野球部に所属し選手と2軍監督を経験。1992年に株式会社リクルート入社。12年間、組織・人事コンサルティング事業に従事し、約2000社の企業の変革に携わる。社内表彰制度で全国MVP・部門MVPの受賞計8回。2004年に独立し、事業再生コンサルティングのマネジメントリコンストラクション社を設立。2010年5月カングロ株式会社 代表取締役に就任。独自のサステナビリティ・イノベーティブ・コンサルティング事業を開始。米国で「今最も羨望の注目を浴びる企業」とされるオンライン・リテーラーのザッポス社のハピネス経営、「社員をサーフィンに行かせよう」「レスポンシブルカンパニー」の題材となっているアウトドア用品メーカーの米パタゴニア社を研究し続け、約1000社3000名のビジネスパーソンにセミナーや勉強会等でその真髄を伝えている。2013年には西アフリカのナイジェリア連邦共和国にて合弁会社を設立し、水問題、エネルギー問題、食糧問題、環境問題を日本のテクノロジーで解決するソーシャルビジネス事業も行う。実地の中から発信される指南は、斬新・先駆的でかつパワフルであり、魂を揺さぶるものとなっている。2013年以降、システムD研究会、自転車事故防止委員会、セブメディの会を設立。2015年より同士と共に「懐かしい未来プロジェクト(HOOPS!)」「サステナ塾」を開始し、持続可能な地域社会の実現のために人間本来の役割を思い出すためのあらゆる「体験」の場と機会を提供している。自転車のある生活をこよなく愛し、年間約1万kmを走破する。マラソンランナー、トライアスリート。趣味はゴミ拾い、和太鼓。

カングロ株式会社
https://www.kanglo.co.jp/

趣味カテゴリの最新記事