第14弾 松山長なすとナシのドレッシングあえ(松前町)

第14弾 松山長なすとナシのドレッシングあえ(松前町)

「愛媛食材で愛あるアス飯® 山瀬理恵子の行ってこ~わい」
第14回は、松山城が見える地域でおいしく育つといわれている「松山長なす」が食材です。
会社を退職後、専業農家になって、松前町でナスを育てている八束光男さん(62)の畑を訪問。
長さ40センチ前後に育ち、みずみずしさも抜群です。

ベストの食べ方は、やはり「焼きナス」。
直火でゆっくりとナスを回しながら、まんべんなく焼き上げると、香ばしさが漂います。
「本当は、焼きナスがベストの食べ方なんだけど、番組なので、アス飯にアレンジしてみます」とちょっと控えめな料理研究家、山瀬理恵子さん。

「ナスはカリウムが豊富でむくみ解消に効果的。皮にあるアントシアニンは抗酸化力が高い。近年の研究で、交感神経を抑える神経伝達物質が大量に含まれていると分かりました。リラックス効果も期待できる食材」と山瀬さん。夫で愛媛FC所属の山瀬功治選手の試合後の食事に取り入れているそうです。
今シーズン初め、一時はけがで戦線を離脱していた山瀬選手ですが、試合に復帰。JI、J2通じた連続ゴール記録を21年に延ばす記念ゴールも決めました。歴代2位。おめでとうー。これも山瀬理恵子さんのお陰かな。

「フルーツ使いの魔術師」と自称する山瀬理恵子さん。今回はドレッシングに梨を使ってみました。
お味の方は?本編動画でお楽しみください。

著作・制作 愛媛CATV
企画・監修 愛媛新聞社

料理カテゴリの最新記事