第2回 神統一世界安着のための希望前進大会(2020.09.27) PR映像

第2回 神統一世界安着のための希望前進大会(2020.09.27)  PR映像

ピースリンク(peacelink.live)オンライン生中継で出会う
-神統一世界定着のための100万希望前進大会-

午前9時30分、全世界が希望に向かって歩みだす瞬間

新型コロナウイルス(COVID-19)による世界的なパンデミックと、それによって生じる国家的利己主義と個人主義によって、徐々に崩壊してゆく私たちの日常。
天宙平和連合の共同創設者である韓鶴子総裁は、人間を中心とした考えと判断によって、この難局を乗り切ることが出来ないとし、「天の父母様(神様)と共に歩んでこそ、全ての問題は解決されます」と語る。その実践のために、2020年8月9日に開催された「神統一世界定着のための100万希望前進大会」の様子は、全世界にオンライン生中継され、約255万名以上が視聴した。この「希望の前進」の第2回大会が9月27日に開催され、また、以降の大会も年内に順次開催される予定だ。大会の生中継を通して伝えられる希望と感動の瞬間は、ピースリンク.LIVEの特設ページを通じて視聴することができる。

8月9日、第1回希望前進大会全景

第1回の希望前進大会には韓鶴子総裁をはじめ、大韓民国国家気候環境会議委員長である潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長、セネガル共和国のマッキー・サル大統領、カンボジアのフン・セン首相など、11名の平和を愛する前・現職の世界的指導者らが参加した。

<スピーカーの主要メッセージ>

韓鶴子 天宙平和連合共同創設者
共生・共栄・共義です。統一された人類一家族の共同体。その中心に天の父母様がおられれば、全ての問題は解決されます。

潘基文 大韓民国環境会議委員長、前国連事務総長
国籍、文化、人種、宗教、そして政治的背景を越えて、私たちは人類一家族です。互いに尊重し、共に歩んでこそ、世界平和と韓半島の平和統一は成し遂げられるのです。

マッキー・サル セネガル共和国大統領
天宙平和連合が示しているように、コロナウイルスによる危機は、自己中心的な活動ではなく、相互協力と人類愛を通してのみ克服することができるのです。

フン・セン カンボジア首相
私たちは共生・共栄・共義の価値を向上させ、調和と平和によって共存し、社会における信仰、宗教、文化の多様性を尊重しなければなりません。

ニュート・ギングリッチ 元米国下院議長
私たちは、国境、民族、宗教を超え、政治的見解と意見の相違を乗り越えることによって、より良い世界を後世に残すことができます。

ポーラ·ホワイト 米国大統領宗教特別顧問
神様を私たちの心の中に真心をもって迎えるのならば、私たちはこの危機を必ずや克服し、繁栄することができると確信しています。

ブリジ・ラフィニ ニジェール共和国首相
宗教間の対話と協力において、人種と文化、宗教と思想を超越した、全ての人々が受け入れることができる普遍的価値が持つ重要性を認識しております。

伊達忠一 日本前参議院議長 
今日ほど、文総裁、韓総裁ご夫妻が説いておられる「共生、共栄、共義」の精神が切実に必要とされる時代はありません。

ジミー・モラレス 前グアテマラ共和国大統領
韓総裁が示されるように、相互連帯、公正、平等、正義を実現し、「真の愛」を隣人に施さなくてはなりません。

スティーブン ∙ ハーパー 元カナダ首相
私たちはゼロ・サムゲームをするよりも、相互の必要性を正しく理解し、共に相互繁栄することができる関係を構築し、共通の価値の実践のために尽力しなくてはなりません。

アルフレッド・モイシウ 元アルバニア共和国大統領
人類が後世の前に、平和と団結の遺産を残そうとするのであれば、政治、学術、青年学生等、すべての分野を網羅する各界各層の協力が必要です。

第2回 神統一世界安着のための100万希望前進大会
9月27日(日) 午前 9:30
参加方法: ピースリンク.live 会員登録完了後に視聴可能

神統一世界定着のための100万希望前進大会組織委員会

♥ PR映像
☞ 韓国語 :
☞ 日本語 : https://vimeo.com/user107559203/review/460822747/cdf272d933
☞ 英語 :

英語カテゴリの最新記事