No.135 Real Estate Agent in Tokyo

No.135 Real Estate Agent in Tokyo

いわゆる不動産屋さんですけども
不動産業ですね

最も大切にしてることはやっぱり信頼ですね
信頼をお客様から得ることが大切です

お客様のニーズに応えてあげられた
そして喜んでくれているなという表情を見て充実感を感じますね

きっかけはですね
もともと建物を設計したり美しい建物を見て歩ったりするのが好きな頃があったんですが
やはり父親の影響が大きいですね

自分は小学生とか中学生だったと思いますけど
私の亡き父親が不動産業を初めてやった時
初めての取引を子供の頃見ててその喜ぶ父親の顔が忘れられず
大人になってもそれがきっかけになったのかなあと思います

もう40年以上この仕事をやってきてるわけですけども
もう自分の手足のような職業
もう不動産=自分
自分=不動産
どこにいても不動産のこと考えてる
誰と会っても結局は不動産に繋がるような毎日

他の仕事は確かにたくさんあるんですが
多くの他の仕事の要素を不動産業だけで含んじゃってるので
10人のお客さんを相手したら10種類の仕事なんですね
その日々の毎日が楽しくてということでしょうか

これ以上満足のできる仕事はないですね

若い頃の理想の仕事は
一時 俳優になりたいなぁと
なんか演じたいと思って
劇団東俳っていうのがあったんですけど
それの第1期生に合格しまして通ったことがあります
そのレッスンがですね
とても厳しくて 「耐えられないなぁ」と思った時があるんですが
ここから逃げ出したいなという時に偶然不動産にもかじり始めた時だったので
ちょうど不動産の方のがいいなという形になったことを今思い出しますね

自分のやりたい事が分からない人は
自分もそんな時があったんですけど
自分の先輩とか大人の人でもいいんですけど
好きなタイプの大人っているじゃないですか
その人の真似をしてみたりするのがいいんじゃないかしら
その人はどんな職業かわかんないですけど
好きな人の真似をすればその仕事も楽しくなるんじゃないかなと

まぁとにかく頭で考える前に色々やってみる以外ないですね
多分人との出会いとかに繋がってって
大して好きじゃない仕事も好きになったりするもの
いや実はこれが好きだったってことに気がついたりするような気がするので
とにかくいろいろやってみることが大事なのかもしれないですね

良い例じゃないかもしれませんが
私も多趣味なんですが
その一つの趣味に没頭するとまぁそれも趣味のプロになっちゃうんですよね
知り尽くす そうすると飽きちゃうんですね
人から見ればあいつは飽きっぽいって思うかもしれないんですけど
自分は達成しちゃってるから飽きちゃう

これと一緒でどんどん冷めても趣味を消化した形になるんで
なので飽きっぽくてもいいと思います
やることだけやればね

まぁとにかくいろいろやってみることじゃないですか
そして人と出会うことですね
そのこと自体が楽しいですね
と思います

monologue365 in Tokyo summer 2020
www.monologue365.jp

趣味カテゴリの最新記事