重職心得箇条 第14条

重職心得箇条 第14条

コロナで明らかになった事:3つの蒸発(移動・需要・雇用) 会社には不要不急のものが多かった。 通勤・会議・出張・業務・残業など、不要な物が浮き彫りに。(整理解雇の相談が増えている)  「レス」の時代。省ける物が多い時代。企業も個人も時代の流れに合わせて変えていかなければ生き残れない。  「省くと省みる」 省く:シンプルにする。 省みる:反省(論語の三省:他人への対応・友人との約束・弟子達の教育)
省く:業務を仕分け、不要な業務をやめる。 省みる:今までの業務フローや業務を省みる。自分を省みる。 啓蒙する:コロナ前に戻れない現実を社員に見せる。その為に変化を強いられている。どこでも喰えるプロ人材。
数理暦学 協会: 言いつくろうとしたり、するのが企業の流れになってはいけない。役人になってはいけない。

コロナ後に生き残れる会社

コロナショックで明らかになったこと。
移動の蒸発 需要の蒸発 雇用の蒸発

移動の蒸発とは何か

不要不急のものの洗い出し
不要不急なものとは何か

いらないものが明確になった 浮き彫りになった

社労士 人員削減の整理解雇の相談が増えている
社会問題として不要な人材は切りたいという流れになっている

デジタル化 オンライン化
不要なものをなくしていく

レスの時代
はんこレス
省けるものが多い。色々な選択肢を賢く使い分けていく時代

変えないと生き残れない
まじめなゆでカエル

諸々変えていかないと、今後は生き残れない

手数を省く 寛容なり
省く 省みる
論語
吾日に我が身を三省す
論語

他人から受けた相談に真心をこめて応じたか
友人との約束を違えていないか
充分な復習をすることなく、弟子たちに教えを授けていないか

省く → 不要不急なものを認識する
無駄な会議をオンラインでやること自体が不毛である。
いらないと破断したものをやめる

省みる 業務フローや業務を省みる 自分の言動を省みる
啓蒙する

コロナ前に戻りたがる一定数の社員に現実を観させる
会社が生き残るには、どこでも食べれるプロの人材とは何か。

高い次元で社員を教育しなければならない。

31条 106条
43条

省く:31,106 省みる:43現在の非を改める事が肝要
数理暦学 協会: 役人は物事を複雑にする。省をつくった。
数理暦学 協会: 経験していないことで未来を見出す。分からないことが未来を創り出す。

自分の歴史を省みていない。何を省いて何を

雑学カテゴリの最新記事