PR-VIMEO-プロジェクト計画書の作り方

PR-VIMEO-プロジェクト計画書の作り方

| 無料配信中
プロジェクト計画書を作るには、2つの概念と10の手順を正しく知識として持っておかなければなりません。
なんと!
PMO専門カンパニーのアクア・ビジネス・マネージメント社が運営するThe manager’s BarがPMルーキーが初めてプロジェクト計画書を作る時につまずく最初の部分である概念と実践がWatch Trailerで無料配信中!

■オンライン講座『プロジェクト計画書の作り方』の特徴
プロジェクト計画書には、このようなものが詰め込まれています。
・プロジェクトに必要なインプットとアウトプット
・プロジェクトの進め方
・プロジェクトの管理方法
これらを「知らない」、「理解していない」では、プロジェクトマネージメントは出来ません。
しかし、多くのプロジェクト計画書の作り方の教材は、大規模プロジェクトを対象としています。
そのため、PM初心者・PM未経験者が最初に取り組むであろう小規模プロジェクトで使うことが難しいのです。
当該講座は、小規模プロジェクト(50人月-6ヶ月間)を対象としたプロジェクト計画書の作成方法を短時間でスキルが身に付く教材となっています。

■このような方にオススメです!
・PM初心者の方
・PM未経験者の方
・これからPMを目指す方
・新卒入社の方
・PM経験はあるが改めてプロジェクト計画書の作り方を復習したい方

■オンライン講座『プロジェクト計画書の作り方』の概要
当該講座は、プロジェクト計画の必要性と考える手順を解説しています。
これらを理解してから、プロジェクト計画を立てる手順(1〜10)を「計画書の目次(事例)」と紐付けて動画で解説しています。
このオンライン講座は、無料公開を含め全19本の動画で構成されていて一日10分程度、動画を見るだけで『現場で使えるプロジェクト計画書』を作れるようになります。

【カリキュラム】
INTRODUCTIN1:プロジェクト計画の必要性(Watch Trailerで無料公開中)
プロジェクト計画は、見たことも聞いたこともある。しかし、必要性を理解していないPMも多いものです。この講座でプロジェクト計画の必要性を理解してください。

INTRODUCTIN2:作成手順(Watch Trailerで無料公開中)
「プロジェクト計画の作成手順」と「計画書の目次」の紐付けを解説しています。以降の講座がスムーズに進めることが出来るでしょう。

手順1:目的の明確化(Watch Trailerで無料公開中)
多くのプロジェクト計画が目的が曖昧であるため、プロジェクト終了後の成否が判断付きません。また、プロジェクト実行中も目的が曖昧ではマネジメントがブレていきます。このMOVIEでは、誤った目的の事例を含めて正しい目的の設定方法をを解説しています。

手順2:スコープの明確化(Watch Trailerで無料公開中)
プロジェクトの目的が明確になっても、何をしなければならないのか?これが、分からなければ目的の達成が出来ません。プロジェクトの範囲を決める、これをスコープと言います。 このMOVIEでは、抜け漏れのないようにスコープを設定する方法を解説しています。

�以降のVOD講座が有料となります。
手順3:前提条件、制約条件の明確化
プロジェクトは、全ての条件が完璧に揃うことは難しいものです。出来ないことを、出来るかのように振る舞う計画は、理不尽です。 そのため、プロジェクトの目的を達成させるための条件を明確にすることが必要です。 また、多くのPMは、前提条件と制約条件を混合して扱ってしまいます。 このMOVIEでは、各々の区別と設定方法を解説しています。

手順4:スケジュールの作成
スケジュールを作成するには、「マイルストーンを明確にする」、「所用期間を見積もる」、「スケジュールを整える」を行います。 このMOVIEでは、これらの作業方法を解説しています。

手順5:工数の算出
工数を算出するには、「スキル一覧を作成する」、「工数を見積もる」を行います。残念ながら、スキルの設定、工数算出の方法を間違えているPMも多いのが事実です。 このMOVIEでは、これらの正しい方法を解説しています。

手順6:プロジェクト体制の構築
プロジェクトを計画通りに実行していくには、洗練された体制が必要です。 このMOVIEでは、役割分担、要員計画、体制図の作成方法を解説しています。

手順7:コストの算出
プロジェクトの予算は、プロジェクトの成功を左右するものです。予算超過、予算不足で痛い目に遭うPMも少なくありません。 このMOVIEでは、正しい費用見積もりの方法を解説しています。

手順8:品質基準の作成
多くのプロジェクトでは、品質基準が曖昧なため、「何を持って合格なのか?」の判断に戸惑っています。 これは、必要とする基準を理解していないのが原因です。 このMOVIEでは、品質基準の対象範囲、何を基準にすれば良いのか、基準はどのように作るのか、これらを解説しています。

手順9:目標の設定
多くのプロジェクト計画が目的と目標を混合しています。 目的を達成するには、数値化された目標を設定しなければなりません。 このMOVIEでは、目標の対象と目標の設定方法を解説しています。

手順10:マネジメント計画とは
プロジェクト計画(書)を作る中で、一番難しいのが「マネジメント計画」です。 このMOVIEでは、マネジメント計画の対象(以降の①から⑦)と計画骨子を紹介しています。

①品質マネジメント計画を作る
品質マネージメント計画は、プロジェクトチームが品質基準をクリアするための方法や手順です。 このMOVIEでは、以下を解説しています。 ・プロジェクト活動を実行する方法の定義
・計画と実績の乖離に対する分析方法
・変更の手続きの方法
また、参考として「仕様書チェックシート」、「設計書チェックシート」を紹介しています。

②コストマネジメント計画を作る
コストマネージメント計画は、プロジェクトで発生した、変更要求に対する予算化の手順、コストの計画と実績の乖離を分析して、評価する方法を整理したものになります。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・計画と実績の乖離に対する分析方法 
・変更の手続きの方法

③スケジュールマネジメント計画を作る
スケジュールマネージメント計画は、プロジェクトで発生した、変更要求に対する、アクティビティ資源の見積もり、スケジュール化の手順、スケジュールの計画と実績の乖離を分析評価する方法を整理したものになります。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・計画と実績の乖離に対する分析方法 
・変更の手続きの方法

④スコープマネジメント計画を作る
スコープマネージメント計画は、プロジェクトで発生した、変更要求に対する、スコープの定義、スコープ化の手順、スコープ対象と実績の乖離を分析評価する方法を整理したものになります。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・計画と実績の乖離に対する分析方法 
・変更の手続きの方法

⑤コミュニケーションマネジメント計画 を作る
コミュニケーションマネージメント計画は、プロジェクトの情報伝達において、コミュニケーションの方法、情報伝達の資料や会議、コミュニケーションの成果を分析して、評価する方法を整理したものになります。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・計画と実績の乖離に対する分析方法 
・変更の手続きの方法

⑥組織マネジメント計画を作る
組織マネージメント計画とは、プロジェクトチームにおいて、体制計画、要員計画、チームの有力性と無力性を分析して、評価する方法を整理したものになります。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・計画と実績の乖離に対する分析方法 
・変更の手続きの方法

⑦リスクマネジメント計画を作る
リスクマネージメントは、リスク事象を見つけ出し、問題とならないように事前に対処すると言った予防的なマネージメントです。 このMOVIEでは、以下を解説しています。
・プロジェクト活動を実行する方法の定義 
・リスクの分析評価

■特典
全てをご購入いただいた方、全てをレンタルいただいた方は、本編で紹介している『基本的なプロマネのノウハウ』がボーナス機能で無料で視聴できます。
あなたのITマネジメント活動のお役に立てば幸いです。

■制作
aqua business management Co., Ltd.
https://www.abmtraining.net/

料理カテゴリの最新記事