『ホワイト・ゴッド 女と犬の狂詩曲』

『ホワイト・ゴッド 女と犬の狂詩曲』

カンヌ国際映画祭「ある視点」グランプリ&パルムドッグ賞W受賞!
少女と犬の友情、そして人類最愛の友から、身勝手な人類たちへのメッセージ。

ハリウッドからアニマル・トレーナーを招聘し、クライマックスでは250匹の犬がブダペストの市街地を猛然と疾走するスペクタクル・シーンを映像化。CGに頼ることなく実現したその“本物の迫力”は、一度観たら脳裏に焼きついて忘れられない圧倒的なインパクトをみなぎらせている。

雑種犬を排除するため飼い主に重い税を課す新たな法律が施行されたある都市。不仲の両親が離婚し、所属するオーケストラでは問題児扱いされている13歳の少女リリは、家庭でも学校でも居場所を見出せずにいた。そんなリリの唯一の心のよりどころは愛犬のハーゲンだったが、ある日、威圧的な父親に反抗したせいでハーゲンを道ばたに捨てられてしまう。
(2015年 / ハンガリー / ハンガリー語)

監督:コーネル・ムンドルッツォ
脚本:カタ・ウェーベル 、コーネル・ムンドルッツォ、ヴィクトリア・ペトラニー
音楽:アシャー・ゴールドシュミット
出演:ジョーフィア・プショッタ、シャーンドル・ショーテール、ラースロー・ガールフィ、リリ・ホルヴァート

© 2014 Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

雑学カテゴリの最新記事